baner_visa_2.gif

アメリカ公用査証 取得サポート

amerika.png

当社では、お客様に代わり「申請書」を無料で作成致しております。面倒な申請書の作成は当社にお任せください!

外交・公用ビザ取得する場合、申請書をオンライン上で
非常に多い必要事項を入力しなければなりません。

当社にお申し込み頂いた場合、和訳した質問書をお送り致します。
その質問書をもとに当社が申請書を作成、大使館への申請、受領を行います。
ご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

無査証滞在について

米国に短期商用・観光等の90日以内の滞在目的で旅行する場合(米国において乗り継ぎするケースも含まれます。)、査証は免除されていますが、米国行きの航空機や船に搭乗する72時間前にオンラインで渡航認証(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)の取得をしなければなりません。

なお、米国政府は2010年9月8日以降、ESTA申請時には、一人当たり14米ドルを課しており、支払い可能なクレジットカードは、MasterCard、 VISA、American Express、Discover、JCBとなります。認証が拒否された場合、処理料金4米ドルのみ請求されます。

認証許可を受けた日から2年間または旅券の有効期限のどちらか早い方まで有効です。ただし、有効期間中でも新しく旅券を取得した場合、名前・性別・国籍に変更があった場合、「はい」「いいえ」のESTAの質問に対する回答に変更があった場合は新しく認証を取得する必要があります。申請の都度、料金(14米ドル)がかかります。

※ESTAは査証免除者を対象としていますので、既に留学や就労等の米国査証をお持ちの方は、ESTAへ申請する必要はありません。

査証取得までの流れ

1. お申し込み 

下部にあります公用査証をご確認いただき、「お問い合わせはこちら」をクリックし、お問い合わせください。質問書をお送り致します。完成し次第、当社にお送りください。

2. 査証申請書作成 

お申込み確認後、質問書をお送り致します。ご記入の上、ご返信ください。

3. 必要書類をご送付 

査証取得に必要なものを当社までお送りください。

4. 申請 

当社が大使館に申請を行います。
取得ができましたら、お客様へ発送致します。

5. 受領 

お手元に届きましたら、内容をご確認ください。


<ご注意>
当社のビザ代行サービスは申請手続きを代行するもので、 ビザの発給の可否はあくまでも大使館・領事館の判断に委ねられます。何らかの事情で発行が認められなかった場合も代行手数料はお返し致しかねますので予めご了承下さい。
申請日数は、ビザ発行の混雑状況、お客様の審査状況により変動する場合があります。余裕をもって申請ください。

公用査証 (区分A)

≪対象≫
<A-1>大臣・大使・政府高官・外交官とその家族
<A-2>A-1以外の政府職員・公務員とその家族
<A-3>A-1・2の随行員・使用人とその家族

≪申請書類≫
・パスポート
・オンラインビザ申請書(DS-160)
・カラー写真1枚(5cmx5cm、背景は白、最近6ヶ月以内に撮影されたもの)
・口上書または国際機関からの招聘状

■申請代金


査証料金 取扱手数料 合計

 

¥無料 ¥19,440 ¥19,440

※1名あたりの料金です。
※料金には「代理申請手数料」「申請書作成手数料」「送料(当社からお客様)」を含みます。
※受領までにかかる日数は大使館判断となります。
※証明写真、送料(お客様から当社)は含みません。

※複数人お申し込みの場合は、人数分ご記入ください

2015年 大使館休館日※土日を除く

1月 1日、19日
2月 11日、16日
3月 なし
4月 なし
5月 4日~6日、25日
6月 なし
7月 4日、20日
8月 なし
9月 7日、21日、22日、23日
10月 12日
11月 11日、23日、26日
12月 23日、25日