shashou8-100.png
お届けまでの日数

■通常時
平日営業日15時までのご入金分は、当日発券→翌営業日に発送いたします。
目安として、発送の翌日~3日後にお手元に届く予定です。
また、発送時に発送完了のメールをお送りいたします。
※地域によってお届け日数が異なります。
※年末年始は遅れる場合がございます。早めのお申し込みをお願いします。

shashou8-100.png
鉄道パス購入~お手元に届くまでの手順



step1.gif掲載のパス一覧からご希望のパスをお選びください。



step2.gif各パス所定の申し込みフォームに必要事項を入力→確認画面で申込内容をチェック→送信。



step3.gif申込み内容をご確認いただける自動返信メールが送信されます。
※自動返信メールが受信されない場合は、メールアドレスに誤りがある可能性がございます。その際は弊社までご連絡ください。

step4.gif同日又は翌営業日の営業時間内に、代金お振込のご案内又はカード決済メールを送信いたします。お支払いは、銀行振込み・クレジットカード(VISA Master)がご利用できます。申込時にお選びください。(特別割引は銀行振込み(みずほ/ゆうちょ)になります。)

step5.gif案内に従いお振込又はカード決済をお願いいたします。
当社にてご注文商品の代金受領時が契約成立時期となります。
※契約成立後のご注文内容の変更・取消は弊社規定の手数料がかかります。

step6.gif代金受領後、パスを発券(15時まで代金受領分は当日、15時以降分は翌営業日)
パス発券の翌営業日、宅配便にて発送いたします。
※発送時に発送案内メールを送信いたします。

step7.gifパス発送後、翌日~3、4日後お手元に届きます。
※必ずご注文内容と相違ないかご確認ください。
※万が一、ご注文内容と到着商品が違っておりましたら、至急ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

shashou8-100.png
発送料について 

■鉄道パスの場合
発送料は無料です。
お客様のお住まい(送り先)により、お手元に届くまでの日数は異なりますのでご了承ください。
※緊急手配またはお客様のご希望により宅配業者指定の場合は、実費をご負担いただく場合がございます。

■区間乗車券の場合
区間乗車券のみのお申し込みの場合は、発送料\500.(全地域)を申し受けます。
パスと同時にお申し込みで、送付先が同一箇所の場合は、無料でお送りします。

鉄道パスと乗車券の比較

1つの国の中で1~2区間だけを利用する場合なら、パスを購入するより
乗車券が割安な場合がほとんどです。 特にイタリアではローマ、フィレンツェ等
人気4都市間だけを移動する予定であれば、乗車券の方が割安です。
一方国際列車や長距離の移動、周遊旅行をご希望の場合には、
ツインパス/セーバーパス等を上手に利用することをおすすめします。
スイスパスなど特典が多く、現地に行ってからの細かい出費が割引になり、
最終的には割安になることもあります。 目的に合わせて使い分けてみてください。

予約時期について

指定券は乗車日の1ヶ月前から(ユーロスターのみ120日前)の発売となります。
通常5月末と11月末のタイムテーブル変更の時期には、2ヶ月前を切った場合でも
予約が入らない場合があります。

2区間乗車するのに、乗車券が1枚です。有効期限は・・

日本発券の区間乗車券は有効期間が6ヶ月、この間でルート上の途中駅では
何度でも途中下車ができます。(ただし、引き返すことはできません)
例えばローマ発ベネチア行(経由フィレンツェ)という乗車券では、
ルート上のフィレンツェで滞在することができます。

ヨーロッパの列車予約について

ヨーロッパでは多くの国で構成されており、鉄道も複数の会社で運行されています。近年、ヨーロッパの列車は高速化に伴い、予約が必要な列車が増えています。一見複雑に見えるヨーロッパの列車ですが、予約については大きく3つに分けられます。

予約が必要な列車(全席指定制)

ユーロスターやタリス、TGV、AVEといった包括運賃チケット(=ジャーニーチケット)の列車やイーエススター、チザルピーノなどの高速列車、一部のECやIC(主に中欧エリア)などがこれに該当します。これらの列車は定員制を採用しているため、予約をしなければ基本的に乗車できません。また、夜行列車も基本的には、予約が必要と考えたほうが安全です。予約無しで乗車してしまうと、罰金的要素を含んだ料金を請求される場合もあります。

予約ができるが予約しなくても乗れる列車(任意予約制)

ドイツのICEをはじめ、ヨーロッパの一般的な新幹線は、日本のように自由席車両と指定席車両の区別はありません。予約されている場合は、座席の背もたれが座席の上に、予約区間を示した札が表示されています。代表的な列車は、ユーロシティやインターシティなどの特急列車です。予約しなくても利用はできますが、長時間の移動に利用する場合は、予約することをおすすめします。これらは国やエリアによって条件が異なりますので、各鉄道会社の公式サイトや時刻表などで出発前に確認しておきましょう。

予約ができない列車

ドイツのREやフランスのTER、イタリア IR ・D などの近郊列車やローカル列車などは、予約ができませんが、予約をしなくても利用できます。また、登山列車などを個人旅行で利用する場合も、予約無しで利用できます。これらの列車は、日本でいうなら通勤列車や快速列車、各駅列車にあたります。ベネルクス3カ国エリア内で運行しているインターシティも、このカテゴリーに該当しており、予約なしで利用できます。

ヨーロッパの夜行列車について

shindai1.jpgドイツのREやフランスのTER、イタリア IR ・D などの近郊列車やローカル列車などは、予約ができませんが、予約をしなくても利用できます。また、登山列車などを個人旅行で利用する場合も、予約無しで利用できます。これらの列車は、日本でいうなら通勤列車や快速列車、各駅列車にあたります。ベネルクス3カ国エリア内で運行しているインターシティも、このカテゴリーに該当しており、予約なしで利用できます。



shindai2.jpg

ヨーロッパの夜行列車の設備は、大きく3つに分けられます。寝台を利用する場合は、予約が必要となります。座席も全席指定制の列車の場合は、予約が必要となります。

個室寝台
寝台車は各部屋毎にドアで区切られ、1人部屋・2人部屋(まれに2等では3~4人部屋)
があります。 相部屋の手配も可能ですが、通常男性用・女性用と性別により部屋を分けますので、カップルでのご利用には不向きです。
シングル(1等 1名部屋) ダブル(1等 2等 2名部屋)T2(2等2名部屋) T3(2等3名部屋) T4(2等4名部