scopelogo1_baner799_2.jpg

楽しさ発見!選んで満喫!スコープのフランス現地ツアー! 

ロワール地方ツアー 一覧

 ロワールの古城を見学 日帰りツアー

【デラックスバス】ロワール古城とダ・ヴィンチ館1日ツアー

7010.jpgルネサンス期の城が数多く残されるロワール地方、その中でも代表的な3つの城を日帰りで巡ります。シンメトリックで壮大な外観が美しいシャンボール城、川をまたぐように築かれたシュノンソー城、そして小高い丘から街を見下ろすアンボワーズ城は外観を望むほか、ダ・ヴィンチが晩年を過ごしたクロ・リュセ城を訪ねます。デラックスバスで快適なバスの旅お楽しみ下さい。
icon_1.gificon_japanese.gificon_1day.gificon_mybus2.gif

ツアー詳細を見るLinkIcon

【プライベートツアー】 ヴァレンタイン村とロワールの古城(ミシュラン・レストランでのランチ付)

20130822141403.gifあなただけのプライベートツアー。
聖ヴァレンタイン村、ロワールの真珠と呼ばれる「アゼ・ル・リドー城」、幾何学模様の庭園が有名な「ヴィランドリー城」を見学、昼食は本格フランス料理。
icon_2.gificon_nashi.gificon_1day.gificon_miki2.gificon_sougei.gif

ツアー詳細を見るLinkIcon

【デラックスバス】ロワール古城と世界遺産シャルトル大聖堂1日ツアー

img_mbp7c_01.jpgシャルトル大聖堂とロワール地方の代表的な古城、シュノンソー城、シャンボール城を1日で効率良く見学します。
ゆったり快適なデラックスバスで、長距離もらくらく移動!
icon_1.gificon_japanese.gificon_1day.gificon_mybus2.gif

ツアー詳細を見るLinkIcon

■主要現地主催会社   icon_mybus2.gifマイバス社   icon_emi2.gifエミトラベル  icon_miki2.gifみゅう  

※ツアーの実施期間及び料金は予告なしに変更されることがあります。予めご了承下さい。

ロワール地方の古城見学ツアー

≪日帰りツアー&1泊2日の宿泊付きツアー≫

ctr_chambord-fleuve.jpg 70101.jpg ctr_closluce1.jpg

フランス・ルネサンスの発祥地であるロワール渓谷に向かい、その主な至宝を訪れてください。まずは、家具類を備え居住者を有する、優雅なシュノンソー城およびシュベルニー城、最後はロワール渓谷最大の王の城、シャンボール城を見学していただきます。
アンボワーズやモンサンミッシェルも観光する宿泊付きツアーもおすすめです。

~ロワールの古城めぐり~

アンボワーズ城

アンボワーズ城.JPG© ATOUT FRANCE –P. Duriez

ロワール河を見下ろす小高い岩盤の上に立つアンボワーズ城の歴史は古くはガロ・ロマン時代にもさかのぼりますが、最盛期を迎えたのは15~16世紀のこと。イタリア遠征でイタリアの芸術と文化に魅せられたシャルル8世は、家具や美術工芸品などの戦利品とともに建築家、広告か、造園家などを連れて帰り、増改築中のアンボワーズ城にイタリアの風を吹き込みました。しかし、かなり白の工事が進んでいたためにイタリア芸術をあまり反映させることができず後のルイ12世、フランソワ1世の時代にイタリア・ルネッサンスが取り入れられました。フランボワイヤン・ゴシック様式のサン・テュベール礼拝堂とテラスやミニームの塔から見渡す眺望などが見どころ。また悲惨な事件として知られる、旧教徒が新教徒を大量虐殺したアンボワーズの陰謀の舞台にもなりました。城から東南約1キロには、レオナルド・ダ・ヴィンチがフランソワ1世に招かれて晩年を過ごしたクロ・リュセの館があります。

アゼ・ル・リドー城

アゼ・ル・リドー城.JPG© ATOUT FRANCE –C. Lazi

トゥールの南西約27キロにあるアゼ・ル・リドー白は、豊かな森に囲まれたロワール川の支流アンドル川のほとりに立ち、その美しい姿を水面に移しています。こじんまりとしていながらも均整の取れた優雅なたたずまいに「ロワールの真珠」とも言われ、ルネッサンス期の傑作の一つとたたえられています。ゴシック様式のルネッサンス様式が融合されたこの城は、1518年~1529年にフランスの財務官ジル。ベルトロの妻フィリッパ・レバイの指揮のもとに作られましたが、ベルトロ夫妻は横領嫌疑がかかるのを恐れて国外へ逃亡したため、城はフランソワ1世に没収されました。その後幾人かの手を経て、1905年に国家所有となりました。調度品やタピストリーで飾られた城内には「フランソワ1世の間」と呼ばれる寝室や、フランソワ1世の紋章である火トカゲで飾られた暖炉などがあります。1810年以降に川辺に造られたイギリス式庭園から見る城館は格別です。

シャンボール城

シャンボール城.JPG© ATOUT FRANCE –P. Duriez

ソローニュの森の中に建ち、城を取り巻く堀の長さがフランス最長の31kmという壮大なスケールを持つシャンボール城。敷地だけではなく城自体も幅156m,奥行117m、部屋数440室という規模で、ヴェルサイユ宮殿を彷彿させます。この城はイタリアの芸術に魅せられたフランソワ一世が以前から狩猟館を自分好みの増改築させたもので。レオナルド・ダ・ヴィンチが設計の素案を作ったといわれています。1519年に着工された工事はアンリ二世の時代を経て、ルイ十四世時代の1685年に完成しました。見どころはフランス・ルネッサンス様式の装飾が施された城館内中央にある二重螺旋階段。この会談は屋上テラスに通じており、人がすれ違わずに昇降できる仕組みになっているます。そしてこのテラスからは見事な彫刻がなされた長塔や煙突、会談などが立ち並ぶ光景を目にできます。また城館の歴史がわかる絵が展示されている小館もこのテラス上にあります。フランソワ一世は北の塔仁王の居室を、「太陽王」といわれたルイ十四世は白の中心に近いところに部屋を設えさせました。

シュノンソー城館

20128724.JPG© ATOUT FRANCE –Maurice Subervie

ポプラ並木が続く美しい情景の中に、優美なシルエットを浮かび上がるロマンティックな白亜の城。1513年から1521年にかけて建設されたこの城は、財務官トマ・ボイエの妻カトリーヌが気づいてから19世紀のプルーズ夫人に至るまで代々の城主が女性だったことから「6人の奥方の城」とも呼ばれています。もっとも有名な城主はアンリ二世から城を与えられた王の愛妾ディアーヌ・ド・ポワチエです。王より20歳も年上でしたが、永遠の美女と言われた美しさで王の心を捕らえました。しかし王の死後は王妃カトリーヌ・ド・メディシスによって城は取り上げられてしまいます。現在二人の名前を付けていた庭園はそれぞれあり、時を経た今でも美を争っているかのようです。この城も最も特徴づける光景はロワール河の支流シェール川をまたぐように気づかれた大回廊。これはディアーヌのかけた橋の上にカトリーヌ・ド・メディシスが回廊を造ったもので、長さは60mにも及びます。川面に映った優雅な姿は、多くの人々の心をとらえて離しません。また城の敷地内には蝋人形館があり、城にゆかりの深い人物の蝋人形の展示されています。