スイス人気の景勝路線(シーニックトレイン)のご案内

banner_train825.png

スイス 人気の景勝路線

氷河特急 GLACIER EXPRESS

LinkIcon氷河特急
スイスの東西を横断するアルプスの雄大な景色が楽しめる人気の特急列車。ツェルマット~サンモリッツ間の約270kmを8時間かけて走る。印象的なアルプスの峠、素朴な谷や切り立った峡谷などが続く絶景ルートでは、カーブを曲がったりトンネルを抜けたりするたびに、新しい世界と出会えるでしょう。
最高高度は海抜2,033m、スイスアルプスの醍醐味を堪能できます。

詳しくはこちらLinkIcon

ベルニナ・エクスプレス BERNINA EXPRESS

LinkIconベルニナエクスプレス
アルプスを南北に縦断する絶景ルートで知られるベルニナ線。サンモリッツを出発してから最高地点のベルニナ峠(標高2253m)を越えてアルプ・グリュムまで、美しい森や滝、ベルニナ山群の名峰、雄大な氷河など感動の山岳風景が次々と車窓に展開します。

詳しくはこちらLinkIcon

チョコレートトレイン CHOCOLATE TRAIN

LinkIconチョコレート・トレイン
スイスが世界に誇る名産物・チョコレートとチーズを味わいに列車で訪れてみませんか。
チョコレート・トレインは毎年5~10月にかけて本場スイスのチョコレート工場とチーズ工場の見学が楽しめる、スイスならではの観光列車です。

詳しくはこちらLinkIcon

ゴ-ルデンパスライン GOLDEN PASS LINE

LinkIconゴールデンパスライン
スイスの古都ルツェルンと、風光明媚なレマン湖のほとりに建つモントルー。この2都市を結ぶ景観列車がゴールデンパスラインと呼ばれています。パノラマ車両からは、高級リゾート地で有名なグシュタードや美しいシャトー・デーの光景、何度も現れる美しい田園地帯、万年雪を抱くアルプスの山々、そして澄んだ湖と箱庭のような町など、まさにスイスらしい景観が広がります。

詳しくはこちらLinkIcon

ユングフラウ鉄道 JUNGFRAU TRAIN

LinkIconスイスユングフラウパス
ユングフラウ地方を結ぶ登山鉄道・ロープウェイ・ケーブルカーなど7つの路線から成り立っています。インターラーケンからグリンデルヴァルト、アイガー北壁のふもとクライネシャイデック、ユングフラウヨッホへ向かいます。標高3,400mからの万年雪の大パノラマは息を飲むほどの絶景です。またアイスパレスの氷の表国も見逃せません。

詳しくはこちらLinkIcon

その他

他にも ロッシェ・ドネや ウィリアムテル・エクスプレスなどの手配も可能です!
詳しくはお問い合わせください。

milk_btn_pagetop.png

Plain_blk_Right.gif鉄道パスと乗車券の比較

1つの国の中で1~2区間だけを利用する場合なら、パスを購入するより
乗車券が割安な場合がほとんどです。 特にイタリアではローマ、フィレンツェ等
人気4都市間だけを移動する予定であれば、乗車券の方が割安です。
一方国際列車や長距離の移動、周遊旅行をご希望の場合には、
ツインパス/セーバーパス等を上手に利用することをおすすめします。
スイスパスなど特典が多く、現地に行ってからの細かい出費が割引になり、
最終的には割安になることもあります。 目的に合わせて使い分けてみてください。

Plain_blk_Right.gif予約時期について

指定券は乗車日の1ヶ月前から(ユーロスターのみ120日前)の発売となります。
通常5月末と11月末のタイムテーブル変更の時期には、2ヶ月前を切った場合でも
予約が入らない場合があります。

Plain_blk_Right.gif2区間乗車するのに、乗車券が1枚です。有効期限は・・

日本発券の区間乗車券は有効期間が6ヶ月、この間でルート上の途中駅では
何度でも途中下車ができます。(ただし、引き返すことはできません)
例えばローマ発ベネチア行(経由フィレンツェ)という乗車券では、
ルート上のフィレンツェで滞在することができます。

Plain_blk_Right.gifヨーロッパの列車予約について

ヨーロッパでは多くの国で構成されており、鉄道も複数の会社で運行されています。近年、ヨーロッパの列車は高速化に伴い、予約が必要な列車が増えています。一見複雑に見えるヨーロッパの列車ですが、予約については大きく3つに分けられます。

Plain_blk_Right.gif予約が必要な列車(全席指定制)

ユーロスターやタリス、TGV、AVEといった包括運賃チケット(=ジャーニーチケット)の列車やイーエススター、チザルピーノなどの高速列車、一部のECやIC(主に中欧エリア)などがこれに該当します。これらの列車は定員制を採用しているため、予約をしなければ基本的に乗車できません。また、夜行列車も基本的には、予約が必要と考えたほうが安全です。予約無しで乗車してしまうと、罰金的要素を含んだ料金を請求される場合もあります。

Plain_blk_Right.gif予約ができるが予約しなくても乗れる列車(任意予約制)

ドイツのICEをはじめ、ヨーロッパの一般的な新幹線は、日本のように自由席車両と指定席車両の区別はありません。予約されている場合は、座席の背もたれが座席の上に、予約区間を示した札が表示されています。代表的な列車は、ユーロシティやインターシティなどの特急列車です。予約しなくても利用はできますが、長時間の移動に利用する場合は、予約することをおすすめします。これらは国やエリアによって条件が異なりますので、各鉄道会社の公式サイトや時刻表などで出発前に確認しておきましょう。

Plain_blk_Right.gif予約ができない列車

ドイツのREやフランスのTER、イタリア IR ・D などの近郊列車やローカル列車などは、予約ができませんが、予約をしなくても利用できます。また、登山列車などを個人旅行で利用する場合も、予約無しで利用できます。これらの列車は、日本でいうなら通勤列車や快速列車、各駅列車にあたります。ベネルクス3カ国エリア内で運行しているインターシティも、このカテゴリーに該当しており、予約なしで利用できます。

Plain_blk_Right.gifヨーロッパの夜行列車について

shindai1.jpgドイツのREやフランスのTER、イタリア IR ・D などの近郊列車やローカル列車などは、予約ができませんが、予約をしなくても利用できます。また、登山列車などを個人旅行で利用する場合も、予約無しで利用できます。これらの列車は、日本でいうなら通勤列車や快速列車、各駅列車にあたります。ベネルクス3カ国エリア内で運行しているインターシティも、このカテゴリーに該当しており、予約なしで利用できます。


shindai2.jpg

ヨーロッパの夜行列車の設備は、大きく3つに分けられます。寝台を利用する場合は、予約が必要となります。座席も全席指定制の列車の場合は、予約が必要となります。

個室寝台
寝台車は各部屋毎にドアで区切られ、1人部屋・2人部屋(まれに2等では3~4人部屋)
があります。 相部屋の手配も可能ですが、通常男性用・女性用と性別により部屋を分けますので、カップルでのご利用には不向きです。
シングル(1等 1名部屋) ダブル(1等 2等 2名部屋)T2(2等2名部屋) T3(2等3名部屋) T4(2等4名部